イベント

2017年6月27日 - 2017年6月29日
PCIM Asia 2017 Conference
場所: 上海、中国

大出力、高共鳴ワイヤレス・パワー伝送向けの6.78 MHzのアンプ構成を比較 講演者:Michael de Rooij博士、アプリケーション・エンジニアリング部門バイス・プレジデント

33 WでAirFuel™クラス4 [1] 規格に基づく6.78 MHzで動作しながら、小型ノート・パソコンに電力を供給して充電するために、高共鳴ワイヤレス・パワー伝送が可能なeGaN®FETを使って構成した差動モードE級とZVSのD級の各構成を実験的に検証し、比較しました。この結果、周囲温度25℃で動作しながら、FETの電圧定格の80%を超えることなく、または、温度制限の100℃を超えることなく、負荷電力の全範囲にわたって効率85%を超えるアンプを、いずれの構成でも達成できることを示します。

イベントの詳細を見る