ニュース

新製品発表、アプリケーション関連情報など、EPCからの最新ニュースと最新情報を得るために、今、登録してください。 EPCからの電子メール配信に登録する か、22828に「EPC」とテクスティングしてください

GaNパワー・トランジスタが高性能Lidarを駆動する方法:GaN FETで超高速パルス電力を発生

GaNパワー・トランジスタが高性能Lidarを駆動する方法:GaN FETで超高速パルス電力を発生

光による検出と距離の測定(lidar)は、近年、大きく注目されている汎用の光ベースのリモート・センシング技術です。それは、数多くのメディアに登場し、良く知られた電気自動車会社である米テスラモーターズ社のエンジニアリングの選択についての一般的な議論にもつながっています。この記事では、この論争に参加するつもりはありませんが、lidarについてのいくつかの背景を説明し、パワー・エレクトロニクス技術との強いつながりについて議論します。

発行:IEEE Power Electronics Magazine誌 ( Volume: 4, Issue: 1, March 2017 )
記事を読む

続きを読む
分類: 記事

EPC社のeGaN、パワー素子の理想的な能力に近づく

EPC社のeGaN、パワー素子の理想的な能力に近づく
Efficient Power Conversion(EPC)社は、入手可能な窒化ガルウム・トランジスタのコストを削減し、チップ面積と実装面積を縮小すると同時に、性能を向上させた第5世代(Gen5)プロセスへの強化によって、シリコンMOSFETのパワー素子に一段と大きな打撃を与えました 。 EPC社のCEO(最高経営責任者)/共同設立者であるAlex Lidow(アレックス・リドウ)と彼のチームは、再度、努力して彼らの専門知識を活用し、シリコン・デバイスが実現できる以上の性能を必要とする新しい市場に向けて、ユニークなパワー・ソリューションの選択肢を提供します。このチームの技術力と深い理解度は、プロセスの量子力学にまで及び、ソリューションのサイズとコストを削減するだけでなく、より優れた性能も実現しています。 米EDN誌 2017年3月15日 記事を読む 続きを読む
分類: 記事

窒化ガリウム・メーカーのEPC社が、シリコン・チップの殺害を狙うための大きな一歩を踏み出す

窒化ガリウム・メーカーのEPC社が、シリコン・チップの殺害を狙うための大きな一歩を踏み出す

3300億米ドルのシリコン・チップ業界は、あらゆる電子機器の基盤となっています。しかし、多くの合併や買収を促している成熟の新しいレベルに達しているので減速しています。

このため、シリコンの代替材料 ―― 窒化ガリウム(GaN)の業界のパイオニアであり、主たる提唱者であるAlex Lidow(アレックス・リドウ)は、彼の時代が来たように感じています。彼の会社であるEfficient Power Conversion(EPC)社は、以前のチップの半分の面積で、大幅に高性能化したeGaNチップの新しい世代を発表しています。

米VentureBeat誌
2017年3月15日
記事を読む

続きを読む
分類: 記事

Efficient Power Conversion(EPC)、当社のeGaN技術が性能とコストの両方で飛躍的な進歩を遂げたと発表

Efficient Power Conversion(EPC)、当社のeGaN技術が性能とコストの両方で飛躍的な進歩を遂げたと発表
EPC社は、eGaN®FETのEPC2045とEPC2047を製品化し、前世代のeGaNトランジスタに対してチップ面積を半分にした上で、大幅な高性能化を実現しています。 エンハンスメント・モード窒化ガリウム・オン・シリコン(eGaN®)のパワーFETとICの世界的リーダーであるエフィシエント・パワー・コンバージョン社(EPC:Efficient Power Conversion Corporation、本社:カリフォルニア州エルセグンド)は2017年3月15日、「EPC2045」(オン抵抗7 mΩ、耐圧100 V)と「EPC2047」(10 mΩ、200 V)を製品化し、市販の窒化ガリウム・トランジスタのコストを下げると同時に、性能を向上したと発表しました。EPC2045のアプリケーションには、48 V入力から負荷への1段のオープン・ラック・サーバー・アーキテクチャ、POL(負荷点)コンバータ、USB-C、LiDAR(光による検出と距離の測定)などがあります。200 VのEPC2047の例には、無線充電、マルチレベルのAC-DC電源、ロボット、太陽光発電用マイクロインバータなどがあります。 続きを読む

Efficient Power Conversion(EPC)、2017年の展示会APEC(Applied Power Electronics and Exposition Conference)でeGaN技術を使って人生を変えるアプリケーションを展示へ

Efficient Power Conversion(EPC)、2017年の展示会APEC(Applied Power Electronics and Exposition Conference)でeGaN技術を使って人生を変えるアプリケーションを展示へ

EPCは、パワー・エレクトロニクス応用の世界的な展示会APEC®2017で、GaN技術の優れた特性が私たちの生き方をどのように変えているかを示す25件以上のデモを展示し、当社のエキスパート達は、GaN FETとICの技術に関する7件の技術プレゼンテーションを行うと発表しました。

エフィシエント・パワー・コンバージョン社(EPC:Efficient Power Conversion Corporation、本社:カリフォルニア州エルセグンド)は2017年3月8日、EPCチームが、3月26日~30日に米国フロリダ州タンパで開催されるAPEC 2017で、窒化ガリウム(GaN)の技術とアプリケーションに関する7件の技術プレゼンテーションを行い、最新のeGaN®FETとIC、およびeGaN技術によって実現される当社顧客の最終製品を展示すると発表しました。

続きを読む

無線で電力供給するテレビを、どうやって考え出したか

無線で電力供給するテレビを、どうやって考え出したか

テレビは、番組を無線で得ることができますが、まだ1対のコードが必要です。すなわち、電源コードです。民生用電子機器業界は、電源コードからテレビを解放するためのアイデアを思い浮かべましたが、この目標は、まだ分からないままです。大画面テレビの大出力条件を満たすことが難しいこと、経済的な技術を特定しなければならないことなど、いくつかの理由があります。それにもかかわらず、eGaN FETは、テレビを真にコードレス機器にする役割を果たすことができます。

米Power Electronic Tips誌
2017年2月23日
記事を読む

続きを読む
分類: 記事

GaNがシリコンのデータセンターのランチをじろじろ見る

GaNがシリコンのデータセンターのランチをじろじろ見る

ディープ・ラーニング(深層学習)の普及に伴い、データセンターの電力密度の問題が再び浮上し、特化したクラウド・サービスの新しいビジネス・チャンスが生まれ、ラック当たり30 kWのノースをサポートできる施設でホストされるので、電力変換分野の企業は、システムのエネルギー効率を高めて、この密度の問題に取り組むことができます。電力変換チップの半導体材料として、シリコンを窒化ガリウム(GaN)に置き換えることによって、はるかに小型でエネルギー効率の高いデバイスが得られ、より高速なスイッチングが可能になります。

米Data Center Knowledge
2017年2月
記事を読む

続きを読む
分類: 記事

英Tech Blog Writerのポッドキャスト180:窒化ガリウムがシリコンを崩壊させようとしている理由

英Tech Blog Writerのポッドキャスト180:窒化ガリウムがシリコンを崩壊させようとしている理由
米国ラスベガスで開催された今年のCESで、EPC(Efficient Power Conversion)は、自動運転車、電源コードのない未来の家、ネットに接続されたコネクテッド・カー、そして、ピル(カプセル)に内蔵したX線システムによる非侵襲の大腸内視鏡の背後で、いかにGaNが中核技術であるか、を示しました。最も普及している半導体の1つであるシリコンを、異なる材料である窒化ガリウム(一般的にはGaNと略記、またはEPCによるGaNの新しい改良された形態であるeGaNと略記)に置き換えること。シリコンは、米インテル社の帝国構築を可能にしましたが、これをGaNに置き換えることができますか? これは、多くのことを学ぶことが期待できるエピソードであり、企業が崩壊に直面し混乱しなければならないこのデジタル時代に、シリコンの日々が数えられるように見えることです。技術に興味を持ち、この業界が目指しているところに興味を持つ誰もが、このエピソードが大好きです。ゲストであるEfficient Power ConversionのCEO(最高経営責任者)で共同創立者であるAlex Lidow(アレックス・リドウ)博士は、GaNとは何か、なぜGaNか? それは、どこに向かうのか、を学ぶためにショーに参加しています。 インタビューを聞く 英The Tech Blog ... 続きを読む

ワイヤレス・パワーの課題とチャンス

ワイヤレス・パワーの課題とチャンス
ワイヤレス・パワー伝送(WPT)技術は、近い将来、私たちが住んでいる電気電子の世界を揺り動かすように運命付けられています。米MIT(マサチューセッツ工科大学)をスピンオフし、現在、米WiTricityの社長であるEric Giler,氏は、2009年に「無線電力のデモ」と題して、米国の非営利団体TED(Technology, Entertainment and Design)で素晴らしいプレゼンテーションを行いました。このデモで、Giler氏は、ワイヤレス・パワー伝送を介してスマート・テレビに電力を供給しました。それは2009年のことでした。それ以来、私たちは長い道のりを歩んできました。設計者へのチャンスとなるこの驚くべき分野(ダジャレを意図したものじゃないです)の中に技術が垣間見えることを読み取ってください。 米EDNネットワーク 2017年1月26日 記事を読む 続きを読む
分類: 記事

Efficient Power Conversion(EPC)、米国バージニア州ブラックスバーグのGaN FETとICのアプリケーション・センターの開設を発表、シニア・アプリケーション・エンジニアとしてSuvankar Biswas博士を採用

Efficient Power Conversion(EPC)、米国バージニア州ブラックスバーグのGaN FETとICのアプリケーション・センターの開設を発表、シニア・アプリケーション・エンジニアとしてSuvankar Biswas博士を採用
GaN®FETとICの幅広いアプリケーションの研究に加え、その利用と評価に関してEPCの顧客をサポートするために、アプリケーション・センターの開設し、シニア・アプリケーション・エンジニアとしてSuvankar Biswas博士を採用したと発表しました。 エフィシエント・パワー・コンバージョン社(EPC:Efficient Power Conversion Corporation、本社:カリフォルニア州エルセグンド)は2017年1月26日、米国バージニア州ブラックスバーグにアプリケーション・センターを開設したと発表しました。このセンターでは、エンハンスメント・モード窒化ガリウム(GaN)・トランジスタとICのアプリケーションの研究開発をサポートするために、EPCの守備範囲を拡大する予定です。GaN技術は、従来のFETやICの電力変換アプリケーションに加えて、ワイヤレス・パワー伝送, 自動運転車用LiDAR(光による検出と距離の測定)、周波数帯域が高い4Gや5Gの通信用包絡線追跡などの新たに出現したアプリケーションを可能にしています。 続きを読む

ポッドキャスト:米Bloomberg RadioがCES 2017でAlex Lidowにインタビュー

ポッドキャスト:米Bloomberg RadioがCES 2017でAlex Lidowにインタビュー

EPCのCEO(最高経営責任者)で共同創立者のAlex Lidow(アレックス・リドウ)は、民生用電子機器の世界最大の見本市CESの展示会場で、米Bloomberg Radioに生き方を変えるアプリケーションについて説明しました。輸送業界を混乱させる可能性のある自動運転車のLiDAR(光による検出と距離の測定)や電源コードが不要になる可能性のあるワイヤレス・パワーなどのアプリケーションに焦点を当て、GaNがこれらの新技術をどのように可能にするか、を語っています。

インタビューを聞く
米ブルームバーグ
2017年1月

続きを読む

Efficient Power Conversion(EPC)、MOSFETを超えるeGaN FETの超高速遷移特性を実証する開発基板を製品化、自動運転車のLiDARシステム特性を向上

Efficient Power Conversion(EPC)、MOSFETを超えるeGaN FETの超高速遷移特性を実証する開発基板を製品化、自動運転車のLiDARシステム特性を向上

EPC9126に搭載されている超高速遷移eGaN®FETは、5 nsと狭い全パルス幅の大電流パルスでレーザー・ダイオードを駆動することができるので、LiDARシステムが検出する精度、解像度、処理速度などの情報品質を向上させます。

エフィシエント・パワー・コンバージョン社(EPC:Efficient Power Conversion Corporation、本社:カリフォルニア州エルセグンド)は2017年1月19日、耐圧100 Vで大電流パルスのレーザー・ダイオード・ドライバ評価基板「EPC9126」を製品化しました。自動運転車の用途で物体を検出するために使われるLiDAR(光による検出と距離の測定)システムでは、検出の速度と精度が重要です。この基板で実証されているように、eGaN FETの高速遷移特性は、同等のMOSFETよりも最大10倍高速にレーザーを駆動するパワー・パルスが得られるので、LiDARシステム全体の特性を向上できます。

続きを読む

Efficient Power Conversion(EPC)、eGaN技術を使った生活を変えるアプリケーションを展示へ、民生用電子機器の世界最大の見本市CES 2017で

Efficient Power Conversion(EPC)、eGaN技術を使った生活を変えるアプリケーションを展示へ、民生用電子機器の世界最大の見本市CES 2017で

EPCは、民生用電子機器の世界最大の見本市CESにおいて、専用のホスピタリティー・スイート・ルームを用意し、自動運転車、電源コードのない未来の家、コネクテッド・カー(インターネットに接続されたクルマ)、ピル(錠剤)内にX線システムを内蔵した非侵襲大腸内視鏡などの中に搭載されたGaNが、いかに中核となる技術であるかを示す展示を行います。

エフィシエント・パワー・コンバージョン社(EPC:Efficient Power Conversion Corporation、本社:カリフォルニア州エルセグンド)は2016年12月28日、米国ネバダ州ラスベガスで1月5日〜8日に開催されるCES(Consumer Electronics Show)において、Mandalay Bayホテルにホスピタリティー用スイート・ルームを用意すると発表しました。

続きを読む

Efficient Power Conversion社と香港のASD Technology社、CES 2017で米WiTricity社の無線充電のリファレンス・デザインを展示に利用

Efficient Power Conversion社と香港のASD Technology社、CES 2017で米WiTricity社の無線充電のリファレンス・デザインを展示に利用

WiTricity社、ASD社、およびEPC社の協業による無線充電システムが、米国ネバダ州ラスベガスで2017年1月5日〜8日に開催されるCES(Consumer Electronics Show)2017で展示されます。

エフィシエント・パワー・コンバージョン社(EPC:Efficient Power Conversion Corporation、本社:カリフォルニア州エルセグンド)は2016年12月15日、香港のASD Technology(ASD)社との窒化ガリウム(GaN)・ベースのソリューションを特徴とする米WiTricity社のリファレンス・デザインに基づいた磁気共鳴の無線充電システムを構築するための取り組みを強化したと発表しました。この取り組みの強化は、ここにきて、窒化ガリウム技術を使う無線充電製品に、顧客や最終システムのメーカーの関心が高まっていることに対応しています。

続きを読む

米Velodyne LiDAR社、小型化した低コストの固体LiDARセンサーの画期的な設計を発表

米Velodyne LiDAR社、小型化した低コストの固体LiDARセンサーの画期的な設計を発表

LiDAR(光による検出と距離の測定)技術の世界的リーダーである米Velodyne LiDAR社は本日、量産規模で販売されるときに、50米ドル以下のサブシステム・コストを実現可能な固体LiDARセンサーの画期的な設計を発表しました。

米ニュース・サイトVenture Beat
2016年12月13日
記事を読む

続きを読む
分類: 記事

米Velodyne LiDAR社、固体LiDAR設計で「ブレークスルー」を達成したと発表

米Velodyne LiDAR社、固体LiDAR設計で「ブレークスルー」を達成したと発表

LiDAR(光による検出と距離の測定)は、自動運転車向けの素晴らしいセンサーです。自動運転車を開発しているほとんどの企業は、特に複雑で多様な都市環境では、LiDARから得られる長距離の高精度データが大量に必要であることに賛同しているようです。実際、カメラやレーダーだけで自律性を働かせることに重点を置いてきた唯一の理由は、カメラやレーダーは安価ですが、LiDARが大変に高価だということです。

IEEE Spectrum誌
2016年12月13日
記事を読む

続きを読む
分類: 記事

米Velodyne LiDAR社、ロボットカーの視覚でリーダーシップをとるための低コスト競争向けLiDARを発表

米Velodyne LiDAR社、ロボットカーの視覚でリーダーシップをとるための低コスト競争向けLiDARを発表

自動化されたクルマの開発競争をしている自動車メーカーやハイテク企業は、大量生産に対応できるコストで、周辺の認識と可視性を最大化するセンサーとカメラの組み合わせを探しています。

米フォーブス誌
2016年12月13日
記事を読む

続きを読む
分類: 記事

台湾の技術標準化機関、AirFuelアライアンスの共振無線充電規格の導入を発表

台湾の技術標準化機関、AirFuelアライアンスの共振無線充電規格の導入を発表

ワイヤレス・パワー技術の採用を可能にし、加速させることに焦点を当てた業界リーダーの世界的なコンソーシアムAirFuel™アライアンスは、AirFuelの共振技術規格を導入して、台湾における無線充電のエコシステムを確立するため、台湾情報通信標準化協会(TAICS:Taiwan Association of Information and Communication Standards)との合意書に調印しました。

AirFuel主導のエコシステムは、AirFuel共振規格と統合ネットワークによって、さまざまな公共の場所、すなわち喫茶店から空港やホテルまで相互運用可能な無線充電オプションを使って、消費者や企業をサポートすることができます。AirFuelアライアンスのチェアマンであるRon Resnick氏は、「TAICS は、台湾の無線充電エコシステムにAirFuelの共振技術を導入することによって、世界的な革新者として、さらには、無線による給電開発のリーダーとしての台湾を確立しています」と述べています。

続きを読む
分類: 記事

eGaN技術の信頼性と故障の物理:ゲート電圧ストレスの信頼性

eGaN技術の信頼性と故障の物理:ゲート電圧ストレスの信頼性

このシリーズの前回の論文では、EPCの eGaNウエハー・レベルのチップスケール・パッケージの熱機械的信頼性を取り巻く故障の物理に焦点を当てました。電圧バイアス下での潜在的な故障モードの基本的な理解も重要です。この論文では、窒化ガリウム(GaN)電界効果トランジスタ(FET)のゲート電極に対する電圧バイアスに関連する故障の物理の概要を説明します。ここでは、ゲート制御電圧を指定された限界以上にして、eGaN FETが予想寿命にわたってどのように動作するかを調べる場合について検討します。

米Planet Analog
Chris Jakubiec
2016年11月29日
記事を読む

続きを読む
分類: 記事
RSS
12345678910 Last