ニュース

新製品発表、アプリケーション関連情報など、EPCからの最新ニュースと最新情報を得るために、今、登録してください。 EPCからの電子メール配信に登録する か、22828に「EPC」とテクスティングしてください

Efficient Power Conversion(EPC)、メーカーから最終ユーザーまでの全パワーGaN業界を網羅する初開催の会議「GaN Con」を仏Yole Développement(Yole)やSEMIと共に後援へ

Efficient Power Conversion(EPC)、メーカーから最終ユーザーまでの全パワーGaN業界を網羅する初開催の会議「GaN Con」を仏Yole Développement(Yole)やSEMIと共に後援へ

この会議では、GaNの市場と技術の現状が取り上げられ、設計者、メーカー、そして最終ユーザーの展望を総括し、その将来の進展を議論します。

エフィシエント・パワー・コンバージョン社(EPC:Efficient Power Conversion Corporation、本社:カリフォルニア州エルセグンド)は2019年1月30日、半導体市場調査企業の仏Yole Développement (Yole)および米国の半導体製造装置材料協会SEMIと協力して、メーカーから最終ユーザーまでの全パワーGaN産業を網羅する初開催の業界ネットワーキング・イベント「GaN Con」を後援すると発表しました。GaN Conのテーマは、「パワーGaN:期待から市場爆発の可能性へ」であり、新たに出現したGaN市場とその基盤となる技術の最先端に焦点を当てています。

Yoleの規範事例のシナリオでは、GaN市場は、2017年から2023年の間に年平均成長率(CAGR)55%で着実に成長すると予想されています(1)。GaNは、しばらく前から有望な技術です。いくつかの研究開発機関や業界企業は、この技術を調査・評価し、市場の要求と結びつけるために重要な投資をしてきました。Yoleのアナリストは、大手シリコン・サプライヤーを含む複数のパワー・エレクトロニクスや化合物半導体の企業が重要な開発プロジェクトに熱心に取り組んでいることを確認しました。GaN Conは、GaN技術の現状とその採用をさらに探る機会を提供します。

「GaN Conは、企業がGaN技術とパワー・エレクトロニクスのアプリケーションの最新の概要を把握し、技術的な課題を理解し、業界の専門家と議論する絶好の機会です」とYoleのテクノロジー&マーケットのアナリストAna Villamor博士は語りました。

GaN Conは、2月21日(午前)に米国ミルピタスにあるSEMIのオフィスで開催されます。この半日のイベントでは、部品メーカーから最終ユーザーまで、これまでにないほどの大手企業が集まり、エグゼクティブ・レベルでの展望を総括して、GaN市場とその将来の進展について議論します。主な講演者には、Yole、EPC、カナダのGaNシステム、米Navitas Semiconductor、米テキサス・インスツルメンツなどが予定されています。

GaN Conの参加者は、GaN業界の現状と将来について貴重な洞察を得ることができるだけでなく、主要企業との連携や会談のためのこれまでにない機会を提供し、議論の最後にはラウンド・テーブルも予定されています。このイベントの参加料は、セッションとコーヒー・ブレイクを含めて120米ドルです。登録は、こちらからできます。

(1)出典:パワーGaN:エピタキシャル、デバイス、アプリケーション、および技術動向のレポート、YoleDéveloppement、2018年

EPCについて

EPCは、エンハンスメント・モード窒化ガリウムに基づいたパワー・マネージメント(電源管理)・デバイスのリーダーです。EPCは、最高のシリコン・パワーMOSFETよりも何倍も優れたデバイス特性を備えたエンハンスメント・モード窒化ガリウム・オン・シリコン(eGaN)FETを初めて製品化しました。DC-DCコンバータワイヤレス・パワー伝送包絡線追跡、RF伝送、パワー・インバータリモート・センシング技術(LiDAR)D級オーディオ・アンプ などの用途で、パワーMOSFETを置き換えられます。

eGaNは、Efficient Power Conversion Corporation, Inc.の登録商標です。

報道関係の問い合わせ先

Renee Yawger

908.619.678

[email protected]

Yole Développementについて

1998年に設立されたYole Développement (Yole)は、マーケティング、技術や戦略のコンサルティング、メディアやコーポレート・ファイナンスのサービス、リバース・エンジニアリングやリバース・コストのサービス、さらにIPや特許の分析を提供する企業グループに成長しました。シリコンおよび/またはマイクロマニュファクチャリングを使った新たに出現したアプリケーションに重点を置いています。Yoleグループの企業は、MEMSとセンサー、イメージング、医療技術、化合物半導体、RFエレクトロニクス、固体照明、ディスプレイ、フォトニクス、パワー・エレクトロニクス、電池とエネルギーの管理、先進的なパッケージング、半導体製造、ソフトウエアとコンピューティング、メモリーなどを網羅する世界80以上の共同研究機関に拡大しました。-

Yole Developpement、System Plus Consulting、Knowmade、PISEO、およびBlumorphoは、Yole グループ企業の一員です。ウエブサイトはwww.yole.frです。

www.yole.fr

広報部門

Sandrine Leroy
[email protected]