ニュース

新製品発表、アプリケーション関連情報など、EPCからの最新ニュースと最新情報を得るために、今、登録してください。 EPCからの電子メール配信に登録する か、22828に「EPC」とテクスティングしてください

Efficient Power Conversion(EPC)と米マイクロチップ・テクノロジー、高密度コンピューティングやデータセンター向けの48 V入力、12 V 出力で300 Wの1/16ブリックDC-DCコンバータのデモ・ボードを開発

Efficient Power Conversion(EPC)と米マイクロチップ・テクノロジー、高密度コンピューティングやデータセンター向けの48 V入力、12 V 出力で300 Wの1/16ブリックDC-DCコンバータのデモ・ボードを開発

米マイクロチップ・テクノロジーのデジタル信号コントローラとEPC(Efficient Power Conversion)の超高効率eGaN® FETの組み合わせによって、高効率、低コストのDC-DC変換に対して最高クラスの電力密度730 W / 立方インチが可能になります。

エフィシエント・パワー・コンバージョン社(EPC:Efficient Power Conversion Corporation、本社:カリフォルニア州エルセグンド)は7月14日、1/16ブリック・サイズの300 WのDC-DC電圧レギュレータ「EPC9143」を製品化したと発表しました。このパワー・モジュールEPC9143は、米マイクロチップ・テクノロジーのデジタル信号コントローラ(DSC)のdsPIC33CKとEPCの最新世代のeGaN FETであるEPC2053を統合し、25 Aにおける48 V入力から12 V出力への変換で効率96%を実現しています。スイッチング周波数500 kHzにおいて、面積がわずか33 mm×22.9 mm(1.3×0.9インチ)と非常に小型の1/16ブリックの形状で300 Wが得られます。このスケーラブルな2フェーズ設計に、さらにフェーズを追加して、電力を増やすことができます。マイクロチップのデジタル・コントローラの柔軟性によって、入力電圧を8 V〜72 Vの範囲、出力電圧を3.3 V〜25 Vの範囲で調整できます。

続きを読む
RSS