ニュース

新製品発表、アプリケーション関連情報など、EPCからの最新ニュースと最新情報を得るために、今、登録してください。 EPCからの電子メール配信に登録する か、22828に「EPC」とテクスティングしてください

台湾のjjPlus社が情報技術の展示会Computex 2019で次世代ワイヤレス・パワーやWiFiソリューションを展示へ

台湾のjjPlus社が情報技術の展示会Computex 2019で次世代ワイヤレス・パワーやWiFiソリューションを展示へ

無線技術を使って、jjPlusと共に、あなたのソリューションの潜在能力を最大限に引き出しましょう!

高品質の無線通信やワイヤレス・パワーの組み込みソリューションの設計メーカーである台湾のjjPLus社は5月21日、5月28日~6月1日に台湾の台北で開催されるCOMPUTEX 2019の会場Nangang Exhibition Center(南港展覧館)のホール1、ブース番号K1024で、次世代のワイヤレス・パワー伝送および新しいWiFiソリューションを展示すると発表しました。

続きを読む

Efficient Power Conversion(EPC)、2018年の展示会CESで、GaNが可能にする大面積ワイヤレス・パワーと高分解能LiDARを展示へ

Efficient Power Conversion(EPC)、2018年の展示会CESで、GaNが可能にする大面積ワイヤレス・パワーと高分解能LiDARを展示へ
CES 2018のAirFuelTMアライアンスのブース内で、EPCは、なぜ窒化ガリウム(GaN)半導体が大面積のワイヤレス・パワーの核となるかを示します。EPCのホスピタリティー・スイートでは、家庭用無線充電システム、および、自動運転車で使われるGaNベースの業界をリードするLiDAR(光による検出と距離の測定)システムを展示します。 エフィシエント・パワー・コンバージョン社(EPC:Efficient Power Conversion Corporation、本社:カリフォルニア州エルセグンド)は2017年12月12日、1月9日~12日に米国ラスベガスで開催される民生用電子機器の展示会2018年Consumer Electronics Show (CES)で、革新的な2つの民生用アプリケーション、すなわち、ワイヤレス・パワーと自動運転車用LiDAR(光による検出と距離の測定)を強化するeGaN®技術の実力をデモすると発表しました。 続きを読む

ワイヤレス・パワー用GaN FETが大面積ワイヤレス・パワー伝送を可能に

ワイヤレス・パワー用GaN FETが大面積ワイヤレス・パワー伝送を可能に

広範囲の採用を確実にするために、ワイヤレス・パワー・システムは、小さな充電パッドを超えて、広い表面積にわたって有効な電源になる必要があります。このためには、磁気共鳴システムに対して、コイル技術、システム・アーキテクチャ、およびパワー・アンプの基本的な変更が求められます。窒化ガリウム・ベースのアンプは、広い負荷範囲にわたって、送信コイルに90%以上の効率で60 Wの電力を供給できることが証明されています。

By: Yuanzhe Zhang and Michael A. de Rooij
欧州のPower Electronics Europe誌
2017年11月/12月
記事を見る

続きを読む
分類: 記事

Efficient Power Conversion(EPC)、卓上灯からノート・パソコンまでのあらゆる電子機器に電力供給するシステムの設計に使えるデモ・キットを製品化、ワイヤレス・パワーの全範囲に対応

Efficient Power Conversion(EPC)、卓上灯からノート・パソコンまでのあらゆる電子機器に電力供給するシステムの設計に使えるデモ・キットを製品化、ワイヤレス・パワーの全範囲に対応
今回のデモ・キットで使った低出力容量、低入力容量、低寄生インダクタンスで小型のeGaN®FETとICの優れた特性は、GaN FETとICが高共鳴のAirFuel™アライアンス規格と互換性があるワイヤレス・パワー伝送システムの高効率化に理想的です。 エフィシエント・パワー・コンバージョン社(EPC:Efficient Power Conversion Corporation、本社:カリフォルニア州エルセグンド)は2017年10月2日、10 Wでクラス2のアンプ、カテゴリー3の受電器を含む完全なワイヤレス・パワー・キット「EPC9127」と、16 Wでクラス3のアンプ、2つの受電器(カテゴリー3と4)から成るワイヤレス・パワー・キット「EPC9128」の2品種のデモ・キットを製品化しました。これらのシステムは、カテゴリー3対応のAirFuelクラス 2規格、または互換性のある受電器を備えたQi(A6)/ PMA規格のいずれかで動作し、すでに製品化した33 Wでクラス4のEPC9120、マルチモード・キットのEPC9121も含めれば、ワイヤレス・パワーの全範囲に対応し、広範囲にわたって完全な実装が可能なデモ・キットのシリーズになります。 続きを読む

EPCは、世界をワイヤレス・パワーの新時代に導いています

EPCは、世界をワイヤレス・パワーの新時代に導いています

香港のNextbigfutureは、EPCのCEO(最高経営責任者)のAlex Lidow(アレックス・リドウ)にインタビューしました。EPCは、窒化ガリウム・エレクトロニクスのリーダーであり、現在、ワイヤレス・パワーの新しい時代への使命をリードしています。5〜10年後には、家庭やオフィス・ビル全体が建物の高価な配線から、広い範囲の完全な無線ソリューションに切り替わることを実感し始めるでしょう。

香港のNextBigFuture
2017年9月9日
記事を読む

続きを読む
分類: 記事

Efficient Power Conversion(EPC)、クラス4のAirFuelアライアンス規格と完全に互換性のあるワイヤレス・パワーのデモ・キットを製品化、最大33 Wまで給電可能、携帯電話からノート・パソコンまでを同時に充電

Efficient Power Conversion(EPC)、クラス4のAirFuelアライアンス規格と完全に互換性のあるワイヤレス・パワーのデモ・キットを製品化、最大33 Wまで給電可能、携帯電話からノート・パソコンまでを同時に充電

低出力容量、低入力容量、低寄生インダクタンスで小型など、eGaN® FETの優れた特性は、高共鳴のAirFuelワイヤレス・パワー伝送システムの高効率化に理想的です。

エフィシエント・パワー・コンバージョン社(EPC:Efficient Power Conversion Corporation、本社:カリフォルニア州エルセグンド)は2017年8月10日、クラス4の完全なワイヤレス・パワー充電キット「EPC9120」を製品化しました。このシステムは、6.78 MHz(最も低いISM帯)で動作し、最大33 Wを供給できます。このデモ・キットの目的は、高効率のワイヤレス・パワー伝送にeGaN FETを採用するための評価プロセスを単純化することです。EPC9120は、EPCの窒化ガリウム・トランジスタの高周波スイッチング能力を利用しているので、さまざまな動作条件の下で、80%〜90%の最大電力効率が得られるワイヤレス・パワー・システムを容易に実現できます。

続きを読む

GaNパワーが道を切り開く、Air Fuel規格を介して米デル社のLatitude 7285の中へ

GaNパワーが道を切り開く、Air Fuel規格を介して米デル社のLatitude 7285の中へ

GaNパワー素子技術は、AirFuel規格を採用した米デル社のLatitudeコンピュータの製品化によって、この業界の主要アプリケーションへの道を切り開いています。

米Planet Analog
2017年7月19日
記事を読む

続きを読む
分類: 記事

Efficient Power Conversion(EPC)、PCIM Asia 2017で、大出力、高共鳴の無線充電用途向けに6.78 MHzのアンプ構成の選択方法に関して技術者と交流へ

Efficient Power Conversion(EPC)、PCIM Asia 2017で、大出力、高共鳴の無線充電用途向けに6.78 MHzのアンプ構成の選択方法に関して技術者と交流へ

エンハンスメント・モード窒化ガリウム・オン・シリコン(eGaN®)のパワーFETとICの世界的リーダーであるエフィシエント・パワー・コンバージョン社(EPC:Efficient Power Conversion Corporation、本社:カリフォルニア州エルセグンド)は2017年6月21日、受信機器で使われる標準規格にかかわらず、無線で機器を充電できる低コストのシングル送信アンプのソリューションを可能にしたと発表しました 。

2017年6月28日の午前11時に、中国のShanghai World Expo Exhibition and Convention Centerの会議室2(B2)で開催されるPCIM Asia Exhibition and Conference でパワー・マネージメント(電源管理)に関するEPCのエキスパートを会えます。EPCのアプリケーション・エンジニアリング部門バイス・プレジデントのMichael de Rooij博士は、大出力、高共鳴の無線充電用途向けの顧客指向の設計を実現するための回路構成の選択について技術者向けに説明します。

続きを読む

無線対応の電子卓上は、より少ない電源コードになる可能性があります

無線対応の電子卓上は、より少ない電源コードになる可能性があります

技術分野のベテランAlex Lidow(アレックス・リドウ)は、あなたの電子機器を動作させるための電源コードへの依存を終わらせるという使命を持っています。

米Seeker
2017年6月15日
記事を読む

続きを読む
分類: 記事

この無線の卓上は、コードのない私たちの未来を暗示します

この無線の卓上は、コードのない私たちの未来を暗示します

無線充電は、充電ケーブルの端に煩わされることから解放されるコードレスの未来を約束します。無線で電力が供給されるこの未来のために、1つの会社が、この脈に指を置いているかもしれません。Alexander Lidow(アレックス・リドウ)は、これにちなんだ社名を広めようとしているEfficient Power ConversionのCEO(最高経営責任者)で創立者です。 EPCは、一見シンプルな卓上で無線充電に革命を起こす方法を最も顕著に示しています。

米Interesting Engineering誌
2017年5月23日
記事を読む

続きを読む
分類: 記事

どうやって電源コードを切断するか:ワイヤレス・パワーがプライムタイムの準備整う

どうやって電源コードを切断するか:ワイヤレス・パワーがプライムタイムの準備整う

無線充電は新しい話題ではありません。それは、かなり長い間、話題になっていました。残念ながら、それが消費者に広く受け入れられてこなかったことが分かります。しかし、送信コイルの設計に対して最近開発された革新的なアプローチによって、ワイヤレス・パワーは広範なアプリケーションに対応する準備ができました。

米How2Power
2017年5月
記事を読む

続きを読む
分類: 記事

Efficient Power Conversion(EPC)、当社のeGaN技術が性能とコストの両方で飛躍的な進歩を遂げたと発表

Efficient Power Conversion(EPC)、当社のeGaN技術が性能とコストの両方で飛躍的な進歩を遂げたと発表
EPC社は、eGaN®FETのEPC2045とEPC2047を製品化し、前世代のeGaNトランジスタに対してチップ面積を半分にした上で、大幅な高性能化を実現しています。 エンハンスメント・モード窒化ガリウム・オン・シリコン(eGaN®)のパワーFETとICの世界的リーダーであるエフィシエント・パワー・コンバージョン社(EPC:Efficient Power Conversion Corporation、本社:カリフォルニア州エルセグンド)は2017年3月15日、「EPC2045」(オン抵抗7 mΩ、耐圧100 V)と「EPC2047」(10 mΩ、200 V)を製品化し、市販の窒化ガリウム・トランジスタのコストを下げると同時に、性能を向上したと発表しました。EPC2045のアプリケーションには、48 V入力から負荷への1段のオープン・ラック・サーバー・アーキテクチャ、POL(負荷点)コンバータ、USB-C、LiDAR(光による検出と距離の測定)などがあります。200 VのEPC2047の例には、無線充電、マルチレベルのAC-DC電源、ロボット、太陽光発電用マイクロインバータなどがあります。 続きを読む

可能性が広がる無線給電、その課題とは

可能性が広がる無線給電、その課題とは

米国のマサチューセッツ工科大学(MIT)からスピンオフしたWiTricityの社長を務めるEric Giler氏は、2009年に「無線電力のデモ」と題して、米国の非営利団体Technology, Entertainment and Design(TED)でプレゼンテーションを行った。このとき行ったデモでGiler氏は、ワイヤレスパワー伝送技術を使ってスマートテレビに電力を供給する様子を見せた。2017年1月に米国ラスベガスで開催されたコンシューマーエレクトロニクスの国際見本市「CES 2017」では、ワイヤレスパワーを使い、壁の板を通して電力が供給される43型HD(高品位)TVを展示した。2017年には、より進化したデモを見られる可能性がある。

EDN Japan
2017年7月20日
記事を読む

続きを読む
分類: 記事

Efficient Power Conversion社と香港のASD Technology社、CES 2017で米WiTricity社の無線充電のリファレンス・デザインを展示に利用

Efficient Power Conversion社と香港のASD Technology社、CES 2017で米WiTricity社の無線充電のリファレンス・デザインを展示に利用

WiTricity社、ASD社、およびEPC社の協業による無線充電システムが、米国ネバダ州ラスベガスで2017年1月5日〜8日に開催されるCES(Consumer Electronics Show)2017で展示されます。

エフィシエント・パワー・コンバージョン社(EPC:Efficient Power Conversion Corporation、本社:カリフォルニア州エルセグンド)は2016年12月15日、香港のASD Technology(ASD)社との窒化ガリウム(GaN)・ベースのソリューションを特徴とする米WiTricity社のリファレンス・デザインに基づいた磁気共鳴の無線充電システムを構築するための取り組みを強化したと発表しました。この取り組みの強化は、ここにきて、窒化ガリウム技術を使う無線充電製品に、顧客や最終システムのメーカーの関心が高まっていることに対応しています。

続きを読む

台湾JJPlus社とEfficient Power Conversion社が協業、無線充電市場を加速するための製品設計に注力へ

台湾JJPlus社とEfficient Power Conversion社が協業、無線充電市場を加速するための製品設計に注力へ

JJPlus社とEfficient Power Conversion (EPC) 社は、無線充電の革新的な設計のための共同設計を行うと発表しました。

台湾JJPlus社とエフィシエント・パワー・コンバージョン社(EPC:Efficient Power Conversion Corporation、本社:カリフォルニア州エルセグンド)は2016年10月25日、AirFuel™アライアンスの共鳴無線充電規格を採用するという最近発表された台湾のワイヤレス・パワー標準化団体の発表に対応するため、GaNベースのワイヤレス・パワー・ソリューションを設計するために協業すると発表しました。これらの設計は、台湾をはじめ、世界的な無線充電システム向けのアプリケーションに対応することになります。

続きを読む

EPC社と香港ASD Technology社、GaNベースのワイヤレス・パワー・ソリューションに対する付加価値パートナーシップを締結、製品化までの時間短縮に貢献へ

EPC社と香港ASD Technology社、GaNベースのワイヤレス・パワー・ソリューションに対する付加価値パートナーシップを締結、製品化までの時間短縮に貢献へ

EPC社とASD社との新たな付加価値パートナーシップは、eGaN®技術ベースのワイヤレス・パワー充電やこの他の新たに出現したアプリケーションのコンセプトから製造まで、顧客の設計をサポートすることを目指しています。

MOSFET技術から窒化ガリウム(eGaN)技術への置き換えにおけるイノベータである米国ロサンゼルスに本社を置くエフィシエント・パワー・コンバージョン社(EPC:Efficient Power Conversion Corporation)は2016年7月14日、最新のeGaN技術を使うアプリケーション向けで、顧客への最高クラスのソリューションを提供し、香港に本社を置くASD Technology社(ASD)と提携すると発表しました。

続きを読む

米Peregrine Semiconductor社、世界最速のGaN FETドライバを発表

米Peregrine Semiconductor社、世界最速のGaN FETドライバを発表

GaNベースのFETは、電力変換市場を破壊し、シリコン・ベースの金属酸化物半導体電界効果トランジスタ(MOSFET)を置き換え続けています。MOSFETに比べて、GaN FETは、はるかに高速に動作し、可能な限り小さな体積で、より高いスイッチング速度を実現できます。GaNの可能性は、任意の電源のサイズと重さを劇的に削減できることです。その潜在性能を引き出すためには、この高性能GaNトランジスタに最適化されたゲート・ドライバが必要です。

米Peregrine Semiconductor社
2016年7月12日
記事を読む

続きを読む
分類: 記事
RSS