EPC9141:開発基板

EPC9141:EPC2045搭載の48 V入力、12 V、
10 A出力の中間バス・コンバータ

EPC9141の開発基板

デモ・ボードのEPC9141は、ゲート・ドライバ付きのコントローラLTC7800を備えたスイッチング周波数360 kHz、公称入力電圧48 V、最大出力電流10 Aのバック(降圧型)・コンバータで、100 Vのエンハンスメント・モード(eGaN®)電界効果トランジスタ(FET) EPC2045を搭載しています。

EPC9141は、97%を超えるピーク効率が得られ、効率と出力電力において最高のシリコン・ベースのソリューションを打ち負かし、並外れた性能、小型のサイズ、および低コストを提供します。

Ask and EPC Engineer a Question FAQ

EPCのeGaN FETと
ICについて質問が
ありますか?
GaNエキスパートに聞く

EPC9141 Efficiency Chart