EPC9153:開発基板

EPC9153:250 Wの高効率、薄型パワー・モジュール

EPC9153 Power Module

EPC9153:高性能コンピューティング・システム向けの44〜60 V入力、12〜20 V、12.5 A出力で、最大250 Wの高効率、薄型パワー・モジュール

デモ・ボードのEPC9153は、最大入力電圧60 V、最大出力電流12.5 A、出力電圧12〜20 Vの薄型同期整流型バック・コンバータです。

EPC9153は、eGaN® FETのEPC2218EPC2038を使ったGaNパワー段です。駆動力が大きいことが特徴のゲート・ドライバuP1966AをFETの駆動に使っています。同期ブートストラップ回路は、4.9 Vのゲート電圧がハイサイド・ゲート駆動に使われることを確実にします。制御方法の開発において、10 ns未満のデッドタイムと柔軟性を可能にするデジタル制御が採用されています。効率を最適化するために、2つの小さなスイッチング電源を搭載し、これを使って、ゲート・ドライバとデジタル・コントローラのハウスキーピング用に、それぞれ5 Vと3.1 Vの電圧を作ります。

特徴

  • 44~60 V入力、12~20 V出力
  • 一定のスイッチング周波数=400 kHz
  • 部品の最大の高さ=6.5 mm
  • 温度上昇:40℃以下 @出力12.5 Aで 20 V
  • 高効率=98.2%@ 20 V / 12.5 A出力

用途

  • 高性能コンピューティング:コンピュータ、ディスプレイ、薄型の民生用電子機器
Ask and EPC Engineer a Question FAQ

EPCのeGaN FETと
ICについて質問が
ありますか?
GaNエキスパートに聞く

EPC9153 Efficiency Chart
20 V出力でのハウスキーピングの消費電力を含むシステム全体の効率