アプリケーション・ブリーフ

GaN技術は、私たちの生き方を変え、次世代のパワー・システム設計に高性能の窒化ガリウムのFETとICを組み込みたいパワー・システムの設計エンジニアに挑戦しています。

EPCのeGaN® 技術を使ったアプリケーションの詳細については、下掲のアプリケーション・ブリーフをご覧ください:

ワイヤレス・パワー用 eGaN® FETとIC

無線エネルギー伝送によって、私たちの日常生活に浸透してきた数えきれないほどの充電池駆動機器のリモート給電と充電が可能になります。

包絡線追跡用 eGaN FET とIC

包絡線追跡は、現在の固定電力システムと比べて、電力需要を正確に追跡することによって、RF(無線周波数)パワー・アンプのエネルギー効率を向上させるための電源技術です。包絡線追跡の利用は、携帯電話の通話時間をより長くし、基地局では、エネルギー消費がはるかに少なく安価に動作する小型で安価なアンプを意味します。

D級オーディオ用eGaN FETとIC

オーディオ・アンプによって再生される音質は、THD(全高調波歪み)、DF(ダンピング・ファクタ)、IMD(相互変調歪み)によって測定され、使われたパワー・トランジスタの特性の影響を受けます。

LiDAR向けのeGaN FETとIC

LiDAR(光による検出と距離の測定)は、周囲の3次元画像または地図を迅速に作成するためにパルス・レーザーを使います。

ネットワーク用 POL コンバータ向けeGaN FETとIC

小型、高効率、高速応答の POL(負荷点)コンバータへの継続的に拡大する需要が、より高速で、より高効率なパワー・スイッチへの需要を牽引しています。

48 V入力、12 V出力の安定化されたブリック・コンバータ用eGaN FETとIC

新しく出現したコンピュータのアプリケーションは、はるかに小型で、より大きな電力を必要とします。サーバー市場のニーズの拡大に加えて、最も困難なアプリケーションには、マルチユーザーのゲーム・システム、自動運転車、人工知能、およ び暗号化マイニングなどがあります。

拡張現実向けeGaN FETとIC

LiDAR(光による検出と距離の測定)は、周辺の3次元画像や地図を生成するために、拡張現実(AR)に使われています

48 Vのバック・コンバータ用eGaN FETとIC

データセンターは、膨大な電気エネルギーを消費します。これらのセンターを稼働する電力は、メガワットから数10メガワットへと推移しています。データセンターにおける電力変換の今日の設計は、エネルギー効率を改善し、運用コストを低減することに焦点を当てています。

医療技術向けeGaN FETとICy

分解能は、超音波診断、CATスキャン(コンピュータX線体軸断層撮影法)、MRI(磁気共鳴画像)など、すべての医療用画像機器の重要な特性です。eGaN FETとICは、画像機器がスキャン測定を実施するときの速度と精度を向上させます。eGaN® FETは小型で高効率なので、収集されたデータの分解能が向上し、動作電力が下がるため、高速に画像を生成できます。

DC-DC変換用eGaN FETとIC

最も小さく、最も費用対効果が高く、最も効率が高い48 V入力、12 V出力の非絶縁型コンバータは、EPC2045などのeGaN® FETの採用によって実現できるので、高性能コンピューティングや通信のアプリケーションに最適です。

Wireless power applications
Envelope tracking applications
LiDAR applications
Data center power applications
Motor Drive Applications