EPC技術記事

レーザー・ドライバICは、Lidarアプリケーションの採用に拍車をかけるかもしれません

レーザー・ドライバIC製品の新しいファミリーによって、幅広いエンド・ユーザー・アプリケーションで、ToFソリューションの採用が加速され、普及が促進されます。

米オンライン・ニュースHow2Power
2021年3月
記事を読む

自動車用Lidarに対するAECを超えたGaN信頼性試験

GaNパワー・デバイスを大量に使う自動車アプリケーションは、自動運転車用Lidar(光による検出と距離の測定)です。Lidar技術は、クルマの周囲に関する情報を提供するため、安全性と性能を確保するために、高い精度と信頼性が要求されます。この記事では、Lidarの特定の使用例について、AEC(Automotive Electronics Council)の品質認定要件を超えてeGaNデバイスをテストするために、EPCによって開発された新しいテスト・メカニズムについて説明します。

米Power Systems Design誌
2020年12月
記事を読む

間接飛行時間ToF型レーザー・ドライバ向けの統合ゲート・ドライバを備えたGaNのePower™超高速スイッチ

窒化ガリウムFETは、パワー・エレクトロニクスの多くのアプリケーションで牽引力となり続けていますが、GaN技術はまだ、ライフ・サイクルの初期段階にあります。FETの基本的な性能指数FOM(figure of merit)を改善する余地はたくさんありますが、さらに有望な手段はGaNパワーICの開発です。

独Bodo’s Power Systems
2020年11月
記事を読む

GaN HEMTは、主要な成長用途でMOSFETよりも優れています

シリコン・パワーMOSFETは、効率、電力密度、小型形状などの要素がコミュニティの主な要求であるパワー・エレクトロニクス業界の革新的な変化に対応できていません。シリコンMOSFETは、パワー・エレクトロニクスの理論上の限界に達しており、基板スペースが限られているため、パワー・システムの設計者は代替品を必要としています。窒化ガリウム(GaN)は、高電子移動度トランジスタ(HEMT)半導体であり、新たに出現したアプリケーションに真の付加価値を提供しています。

米EETimes誌
2020年8月
記事を読む

車載品質規格AECを超えたGaN信頼性テストで自動車用Lidarアプリケーション向けの丈夫さを証明

窒化ガリウム(GaN)のパワー・デバイスは2010年3月から量産されており、優れたフィールド信頼性の記録を樹立しています。GaNパワー・デバイスを大量に使う自動車アプリケーションは、自動運転車向けLidar(光による検出と距離の測定)です。Lidar技術は、車両の周囲に関する情報を提供するため、安全性と性能を確保するには高い精度と信頼性が必要です。この記事では、Lidarの特定のユース・ケースに対する車載用電子部品信頼性の標準化団体であるAECの認定要件を超えてeGaNデバイスをテストするために、Efficient Power Conversion(EPC)が開発した新しいテスト・メカニズムについて説明します。

ベルギーのeeNews Europe誌
2020年7月30日
記事を読む

窒化ガリウムの新機能?

Alex Lidow(アレックス・リドウ)は、Efficient Power ConversionのCEO(最高経営責任者)です。おそらく窒化ガリウムの最も著名な提唱者であり、2009年に最初のGaNトランジスタを製品化しました。10年にわたる製品販売を踏まえて、独DESIGN&ELEKTRONIK誌の編集者であるRalf Higgelkeが彼に会い、その分野の最新の進歩について話しました。

独DESIGN&ELEKTRONIK誌
2020年2月20日
記事を読む

GaNの先行き

GaNのパワー・トランジスタとICの使わずに済ますことは、ますます難しくなってきています、とAlex Lidow(アレックス・リドウ)は言っています。eGaN FETなどのGaNオン・シリコンのパワー・トランジスタを通信、自動車、医療、コンピュータで使う多くの理由があります。小型、高速、低コスト、高集積のGaNオン・シリコン・デバイスは、電力変換のすべての用途で設計者の信用と信頼を得るために10年を費やしてきました。

英Electronic Specifier誌
2019年11月20日
記事を読む

受賞したGaNアプリケーションに関するAlex Lidowへのエグゼクティブ・インタビュー

ドイツのミュンヘンでの12月のパワー会議に先立ち、Bodo Arlt氏は、現在、GaN市場がどこにあり、将来の潜在的なアプリケーションがどこにあるとみているかについて、Alex Lidow(アレックス・リドウ)の見通しを聞く機会を得ました。Lidow博士は、Efficient Power Conversion(EPC)のCEO(最高経営責任者)で共同設立者です。

独Bodo’s Power Systems
2019年11月
記事を読む

PCIM Europe:パワーがイノベーションの中核にある展示会

今年のパワー・エレクトロニクス機器の国際展示会PCIM Europeには、1万2000人を超える記録的な訪問者が訪れました。半分以上(54%)がドイツ国外から参加しました。彼らは、500を超える出展者を見に来ました。主題は多様で広範囲にわたっていましたが、いくつかのテーマが際立ちました。特に、GaNとSiCが注目を集めました。Efficient Power Conversion(EPC)は、GaNがすでに製品化されている潜在力を示し、同社が2009年に発表したeGaN FET技術の例を数多く取り揃えていました。

英オンライン・ニュースElectronic Specifier
記事を読む

GaNの力と進化、パート6:GaN技術の採用とロードマップ

この連載の最後の記事では、GaNがシリコンを置き換えるための要件をどのように満たしているかを調べます。GaNの採用率が爆発的に拡大するにつれて、GaNは、わずか数年の短い間に多くの進歩を遂げましたが、それでもまだ理論的な性能限界にはほど遠いので、引き続き達成できる大きな改善があることを忘れないでくださいことが大切です。やがて、GaNオン・シリコンの性能およびコスト上の利点によって、現在、シリコン・ベースのデバイスを使っている大部分の用途において、より小型、より高速、より安価、より高信頼性のGaN技術に変換されることになるでしょう。

米Power Systems Design誌
2019年2月
記事を読む

GaNの力と進化、パート3:eGaN FETを使う超高速大出力のレーザー・ドライバの構成方法 ―― より遠くへ、より良く、より低コストで実現!

このシリーズの最初の回では、窒化ガリウム(GaN)・オン・シリコンの低耐圧パワー・デバイスが、LiDAR(光による検出と距離の測定)、包絡線追跡、ワイヤレス・パワーなどの多くの新しいアプリケーションを可能にした方法について説明しました。この回では、これらの先進的なアプリケーションの1つであるLiDARの詳細について説明します。より遠くへ、より高い解像度、より低いコストで実現できるLiDARシステムを作るために、GaNが、どのように使われているかを示します。

米Power Systems Design誌
記事を読む

ネット接続したコネクテッド・カーは、窒化ガリウムを介して接続します

自動車用途の推進力として、自動運転車や電気推進の台頭に伴って、シリコン基板(GaNオン・シリコン)上に成長させた窒化ガリウムに基づくパワー・デバイスの巨大な新市場が出現しています。

米オンライン・ニュースDesign World
記事を読む

GaNの力と進化

窒化ガリウム(GaN)・オン・シリコンの低耐圧パワー・デバイスは、2010年に商用利用が始まって以来、多くの新しいアプリケーションを実現可能にしてきています。LiDAR(光による検出と距離の測定)、包絡線追跡、ワイヤレス・パワーなどの新しい市場は、GaNの優れたスイッチング速度によって登場しました。これらの新しいアプリケーションは、強力なサプライチェーン(供給網)の構築、生産コストの削減、信頼性の高い実績の積み重ねに貢献しています。これらのすべてが、dc-dcコンバータ、ac-dcコンバータ、自動車などのアプリケーションにおいて、より保守的な設計技術者が評価プロセスを始めるための十分なインセンティブとなっています。このシリーズでは、最終製品を新しいレベルで差異化するために、GaNの利点を活用している多くの量産レベルのアプリケーションをいくつか説明します。まず、採用率の加速に起因する要因を探ることは有益です。

米Power Systems Design誌
記事を読む

自動運転の電子化レースの中のLiDARなどを設計する

eGaN FET(そして今ではIC)が自動運転車のすべてのLiDAR(光による検出と距離の測定)システム、そして今、自動運転のレース・カーで使われた理由は、はるかに高い解像度(レーザー・パルスが非常に短いため)、非常に高速な画像処理速度(短いレーザー・パルスによる)、および高精度でより長い距離を見る能力(非常に大電流での高速なレーザー・パルスによる)を実現できるからです。

米Planet Analog
記事を読む

次世代のLiDARシステムを支えるGaNデバイス

LiDARシステムがさらに高性能な仕様を満たすためには、大電流パルスで高速にスイッチングできなければなりません。ここで、窒化ガリウムのパワー・スイッチが助けになります。

米Electronic Design誌
記事を読む

eGaN FETによるLIDARへの電力供給

LIDARは現在、主に車両、ロボット、ドローン、および、その他の移動機械のための自動運転ナビゲーション・システムで広く採用されていることから、大きな関心を集めています。 eGaNデバイスは、形状が小型で手頃な価格の高性能LIDARを可能にする主な要因の1つであり、LIDAR革命の強い追い風となっています。

米EDN誌
By John Glaser
記事を読む

オンライン・ニュースの米EE OnlineによるAPEC 2018のEPC

EPCのCEO(最高経営責任者)で共同創立者であるAlex Lidow(アレックス・リドウ)が、APEC 2018のEPCブースで、オンライン・ニュースの米EE World OnlineのLee Teschler氏に、700 W以上を出力可能な48 V〜12 Vの高出力密度の非絶縁型コンバータなどのEPCデモを紹介します。自動運転車に使われる3次元リアルタイムLiDAR(光による検出と距離の測定)画像センサーの検出範囲が表示されています。さらに、携帯電話、ノート・パソコン、モニター、ワイヤレス・スピーカ、スマート・ウォッチ、卓上灯など、さまざまな機器に無線で電力を供給するために、300 Wを出力可能な大電力の共振型無線充電ソリューションを実装した1台のデスクトップもあります。

以下のビデオを見る。

Alex Lidow、Alix Paultre氏とAPEC 2018のEPCブースを歩く

このビデオでは、EPCの創立者でCEO(最高経営責任者)のAlex Lidow(アレックス・リドウ)は、米国テキサス州サンアントニオで開催されたAPEC 2018のEPCブースで、GaNベースのソリューションのさまざまなデモについて米Power Electronics News 誌編集長のAlix Paultre氏に説明しました。高周波動作やその他の先進的な特性でシリコンを超える優位性によって、GaNは、LIDAR(光による検出と距離の測定)からワイヤレス・パワー伝送に至るまでのアプリケーションを強化できます。このブースの展示には、リアルタイムのLIDARデモから、稼働中の「ワイヤレス・デスク」まで、これらの例があります。

米Power Electronics News誌
ビデオを見る

GaNの速度、サイズ、パワーの利点を備えたLiDARアプリケーションの作成

LiDAR(光による検出と距離の測定)は、関心のある必要な範囲にわたってパルス光を送信できるレーザー(またはアレイ)と、反射信号分析用の高速、低雑音の受信器で構成されています。この光の一部は、対象物の反射率に従って受信器に反射または散乱されて戻ります。

米EDN Network誌
記事を読む

Lidar:あなたのクルマがより良く見えるようにするゴールド・ラッシュが始動

開発者は、より安全で自律性の高いクルマに必要な機械を学ぶ作業に努力しています。しかし、クルマが不十分なセンサーに頼っているならば、世界中のすべてのAI(人工知能)は十分ではありません。クルマのカメラが対向車を正確に識別しなかったことが一因で発生した1件の致命的な米テスラ社のクルマのクラッシュで実証されたことは明らかです。スマート自動車が周囲の物体、特にクルマが「脅威」と認識しているものの信頼できるモデルを確実に認識するためには、ほとんどの場合、1個以上のlidar(光による検出と距離の測定)か、レーザー・ベースのリモート・センサーが必要です。

技術情報サイトの米Extreme Tech
記事を読む

RSS
12