EPC技術記事

製品のまとめ:GaNパワー半導体が牽引力を獲得

(Image: Yole)

GaNパワー半導体のメーカーは、パワー・エレクトロニクス機器の展示会PCIM Europeで、100 V~650 Vのデバイスの最新製品を展示しました。PCIM Europeでは、窒化ガリウム(GaN)や炭化ケイ素(SiC)などのワイド・バンドギャップ(WGG)半導体の利点と使用例についていくつかのプレゼンテーションを実施しました。EPC、米GaN Systems、独インフィニオン テクノロジーズ、オランダのNexperia、スイスのSTマイクロエレクトロニクスなどのメーカーは、今週、GaNパワー半導体のいくつかの新しいファミリーを発表しました。

米オンライン・ニュースElectronic Products
2021年5月
記事を読む

GaN集積回路が電力変換をどのように再定義しているか

窒化ガリウム(GaN)のパワー・デバイスは、10年以上生産されており、性能とコストの改善だけでなく、GaN技術が電力変換市場に影響を与える最も重要なことは、同じ基板上に複数のデバイスを集積できる固有の属性にあります。これによって、モノリシック電源システムを単一チップ上において、より簡単、より高効率、かつ、より費用対効果の高い方法で設計できるようになります。

米Power Electronics News誌
2021年1月
記事を読む

ポッドキャスト:Yes、We GaN:窒化ガリウムと、パワーICにおけるその役割

この最初のエピソードでは、ゲストはEfficient Power Conversion Corp.のCEO(最高経営責任者)であるAlex Lidow(アレックス・リドウ)と、米NexGen Power Systemsの共同CEOであるDinesh Ramanathan氏です。EPCとNexGenはいずれも、窒化ガリウム技術とGaNパワー・デバイスに関する専門知識を持っています。米EETimes誌は、技術とGaNパワー・デバイスの市場の両方について語っています。

米EETimes誌
2020年8月
ポッドキャストを聴く

受賞したGaNアプリケーションに関するAlex Lidowへのエグゼクティブ・インタビュー

ドイツのミュンヘンでの12月のパワー会議に先立ち、Bodo Arlt氏は、現在、GaN市場がどこにあり、将来の潜在的なアプリケーションがどこにあるとみているかについて、Alex Lidow(アレックス・リドウ)の見通しを聞く機会を得ました。Lidow博士は、Efficient Power Conversion(EPC)のCEO(最高経営責任者)で共同設立者です。

独Bodo’s Power Systems
2019年11月
記事を読む

パワー半導体戦争が始まる

GaNとSiCは、価格が下がるにつれて、非常に魅力的になってきています。窒化ガリウム(GaN)と炭化ケイ素(SiC)に基づくパワー半導体の次の波へと展開しているベンダーがあり、市場において、従来のシリコン・ベースのデバイスに対する対決の舞台を設定しています。

米Semiconductor Engineering
2019年10月
記事を読む

窒化ガリウムの驚くべき新世界

シリコン・バレーの中心から、新しいは流行語が登場します。窒化ガリウムは、パワー技術の未来です。テク・ブログは、将来のシリコンとして、窒化ガリウムを売り込んでおり、あなたは、そのエントランスに入るために十分、理解しています。窒化ガリウムがいかに重要であるかを知ることは、あなたをよりカッコよく、より良いユーザーにします。あなたが、あなたのグループの最前線にいるのは、あなたがこの新技術を知っているからです。そして、その技術の名は窒化ガリウムです。

米ブログ・サイトのHACKADAY
記事を読む

PSDtv:APEC 2019でシリコンが死んだ理由をEPCが語る

PSDtvのこのエピソードでは、Efficient Power Conversion(EPC)の最高経営責任者で共同創立者であるAlex Lidow(アレックス・リドウ)が、米国カリフォルニア州アナハイムで開催されたAPEC 2019において、GaNオン・シリコン・デバイスが、なぜ今、シリコンを滅亡させるのかを説明します。

米Power Systems Design誌のビデオPSDtv
ビデオを見る

なぜGaNに向かうのか?

GaN技術は、伝統的なシリコン技術に挑戦することができる地点まで成熟してきました。窒化ガリウム(GaN)・オン・シリコンの低耐圧パワー・デバイスは、2010年に製品化されて以来、多くの新しいアプリケーションを実現可能にしてきました。Lidar(光による検出と距離の測定)包絡線追跡ワイヤレス・パワーなどの新しい市場は、GaNの優れたスイッチング速度によって出現しました。これらの新しいアプリケーションは、強力なサプライチェーン、低い生産コスト、そして、ねたまれるほどの素晴らしい信頼性記録の確立に貢献してきました。これらすべてが、DC / DCコンバータ、AC / DCコンバータ、自動車などのアプリケーションにおける保守的な設計技術者に評価作業を始めさせるための十分な動機になっています。この記事では、この採用率の急速な拡大につながる要因を探ります。

米Electronics Weekly誌
2019年1月
記事を読む

GaNオン・シリコンのパワー・デバイス:シリコン・ベースのパワーMOSFETを不要にする方法

高効率な電力変換のために設計された窒化ガリウム(GaN)のパワー・トランジスタは、7年の間、生産されています。GaNの優れたスイッチング速度によって、光による検出と距離の測定、包絡線追跡、無線充電などの新しい市場が生まれました。これらの市場は、GaN製品が大量生産、低製造コスト、そして信頼性の評判を得ることを可能にしました。これらのすべてが、dc-dcコンバータ、ac-dcコンバータ、自動車などのアプリケーションにおいて、より保守的な設計技術者が評価プロセスを始めるために十分なインセンティブとなっています。そして、120億米ドル規模のシリコン・パワーMOSFET(金属酸化膜半導体電界効果トランジスタ)市場に転換するための残った障壁は何ですか? つまり、自信です。設計技術者、製造技術者、購買管理者、上級管理者がすべて、GaNが新しい技術を採用するリスクを相殺して余りある利点を提供すると確信する必要があります。サプライチェーンのリスク、コストのリスク、信頼性のリスクの3つの重要なリスク要因を見てみましょう。

IEEE Spectrum誌
記事を読む

米テスラモーターズ社、今夜、オートパイロットのアップグレードを開始

米テスラモーターズ社は今夜、オートパイロットの新バージョンを発表し、より安全で、より信頼性を高めるようにすると同社が言う機能を追加します。調査員たちは、自動運転システムが、米国フロリダ州と中国で相次いだ致命的な衝突で、どのような役割を果たしたかを探っています。

米Silicon Beat誌
2016年9月21日
記事を読む

シリコンのライバルが、米アップル社、米グーグル社、米テスラモーターズ社が注目するチップ市場に忍び寄っています

シリコン・バレーという名称の元になった原料に、有望な新しいライバルが立ちはだかっています―― 窒化ガリウム(GaN)。この新参者は、300億米ドルの半導体電源市場に突入する用意が整っていると言われています。米アップル社(AAPL)のiPhoneの充電器からテスラモーターズ社(TSLA)の高級電気自動車に至るまで「壁にプラグを差し込まない」という市場です。

米Investor's Business Daily紙
2016年7月
July 2016
記事を読む

なぜ窒化ガリウムは、シリコンよりも「6000倍も高性能」なのですか

シリコン――半導体の主原料でありエレクトロニクス産業を支える原動力は――その限界に達してきている、とEfficient Power Conversion社のCEO(最高経営責任者)であるAlex Lidow(アレックス・リドウ)は語っています。ロサンゼルスに本社を置く同社は、半導体の能力の向上によって、4000億米ドル(2770億ポンド)のシリコン産業を獲得するために、窒化ガリウム(GaN)の潜在能力を研究しています。「低コストで、しかもシリコンよりも高い性能を備えた半導体は、これが初めてです」とLidowは述べています。

英Wired Magazine誌
Emma Bryce
2016年3月31日
記事を読む

医薬品企業と同様に、大きな半導体メーカーは、R&D(研究開発)の代わりにM&A(合併と買収)に投資

「半導体業界の大企業や中小企業の多くは、実際、まるで医薬品分野のように、研究開発を外部委託する分野になるでしょう」とEfficient Power Conversion社のCEO(最高経営責任者)のAlex Lidow(アレックス・リドウ)は述べています。このシナリオの中で、米Qorvo社や米インターシル社が魅力的な標的になると語っています。

しかし、統合は、半導体業界の技術革新に暗黒時代をもたらす可能性があると考えています。

米フォーブス誌
2015年11月23日
By: Antoine Gara
記事を読む

GaN半導体デバイス市場、2019年までの年平均成長率(CAGR)が24.6%と驚くべき成長と予測

市場調査会社Transparency Market Researchの最新の調査報告書によると、2012年に3億7982万米ドルだった世界的なGaN半導体デバイスの市場は、2019年末までに22億373万ドルに達し、2013年から2019年までの予測期間中に、年平均成長率(CAGR)が24.6%と驚くべき成長を記録すると予測しています。

米Industry Today誌
2015年10月14日
記事を読む

より小さく、より速く、より安く、その向こう側に:コンピュータ・チップの未来

近年、ムーアの法則によって予測された加速度が減速しています。しかし、シリコンは、より高速で、より小型なトランジスタを作るための新材料に道を譲るでしょう。

米New York Times紙
By: John Markoff
2015年9月26日
記事を読む

シリコン・バレーをガリウム・バレーに変えるミッションを持つ男

エンジニアリング王朝の末裔Alex Lidowは、ハイテク産業の中心で本質的な材料を変える必要があると考えています。Lidow(60歳)は現在、Efficient Power Conversionという会社のトップであり、窒化ガリウムからトランジスタや半導体を作るというハイテクの世界で最も騒々しい提唱者の1人です。シリコンは、伝統的に、技術産業が依存するトランジスタや半導体に使われています。これは驚くほど儲かるビジネスです:米国ベースの会社を代表している半導体工業会によれば、世界の半導体産業は、昨年だけで約3358億米ドルの売上高がありました。

米Fast Company誌
2015年9月
記事を読む

シリコンを置き換えて、エレクトロニクスに革命を起こすAlex Lidowの探求

Alexが2007年に設立した会社は、Efficient Power Conversion(EPC)という名称で、GaNをさまざまなモノに利用するための最前線の仕事に完全に特化しています。その応用には、ワイヤレス・パワー伝送、D級オーディオ・アンプ(小さな回路基板を用い、発熱が小さく、ポータブル機器の電池寿命が延びます)、そして、地図の作成や気象学で有用な3次元画像を即座に作成するために設計されたパルス・レーザーやLiDAR(光による検出と距離の測定)があります。

By: Bruce Rogers
米フォーブス誌
2015年9月3日
記事を読む

GaNとは何ですか?

電力のコストは、社会経済的活力のキー・ドライバであり、私たちの生活の質を改善し、新しいアプリケーションや産業を推進することができます。GaN(窒化ガリウム)は、伝統はありますが、成熟したシリコン・ソリューションを置き換える技術として出現し、もっと、もっと効率的に電力を使いたいという私たちの需要に応え続けることができます。

ビデオを見る

半導体チップ業界での統合が、なぜ問題になるのか

拡大する産業が活況を呈している場合、通常、買収や統合のレースは、一般的に反対側の反映です ―― 成熟における緩やかな成長期は、しばしば、いったん高度飛行の領域になります。多くの産業は、スターダムの期間を経験し、急で着実な降下へと続きます。一方で、私たちの社会経済の活力に対する中心的な基幹産業でこれが発生した場合、私たちは非常に懸念すべきです。

米フォーブス誌
2015年6月26日
記事を読む

省エネ材料が後押しします

窒化ガリウムを活用するための努力は、シリコン・ベースの半導体チップによって改善が遅れていた技術的および経済的な要因に部分的に応えます。企業は、まだシリコンに小さいトランジスタを形成する方法を探っていますが、コストや消費電力の削減を達成することが、ますます難しくなってきています。しかし、窒化ガリウム回路は、オンとオフのスイッチングが、シリコンよりもはるかに高速で、より高い電圧を扱うことができます、とEPC社のCEO (最高経営責任者)であるAlex Lidow(アレックス・リドウ)は述べています。特に、電力変換を伴う仕事には、最適な材料を言えます。

米ウォール・ストリート・ジャーナル誌
2015年6月22日
記事を読む

RSS
12