イベント

How2GaN Webinar Series

2021年7月14日 - 2021年8月26日
How2GaN Webinar Series
場所: オンライン

How2GaNサマー・シリーズ 日付:各日
時間:午前8時 米国太平洋標準時 (午後5時 中央ヨーロッパ時間)

今年の夏、EPCのGaNエキスパートたちに加わって、あなたのGaN設計で最大の性能を達成するための設計手法に焦点を当てた集中的なウエビナ・トレーニング・シリーズに参加してください。各セッションは、GaNエキスパートたちとのQ&Aセッションの時間を含めて長さが1時間です。ウエビナは7月から8月にかけて隔週で開催され、トピックは、レイアウト技術、ゲート駆動、デッドタイム、QRR、COSSの影響の理解、および熱管理です。

詳細を見る/登録する

Advancements in Thermal Management Conference

2021年8月5日 6:00
Advancements in Thermal Management Conference
場所: オンライン

パネル・セッション:SiCおよびGaNの熱管理 司会者:Maurizio Di Paolo Emilio、 米Aspencoreの米Power Electronics News誌の編集長
参加者:Alex Lidow、Ph.D.、EPCのCEO(最高経営責任者)で共同創立者 Jonathan Dodge、米UnitedSiCのシニア・アプリケーション・パワー・エキスパート、 Salvo Coffa,、スイスのSTマイクロエレクトロニクスの自動車&ディスクリート・グループのグループ・バイス・プレジデント&ゼネラル・マネージャ 研究開発

炭化ケイ素(SiC)や窒化ガリウム(GaN)などのワイド・バンドギャップ(WBG)半導体は、さまざまなパワー・エレクトロニクスのアプリケーションでシステムの効率と電流密度を大幅に向上させます。SiCおよびGaNのデバイスは、ヒートシンクやさまざまなハウジング内金属の量を最適化するためのパワー設計を可能にします。WBGデバイスは、より高い動作温度とより高い効率を約束しますが、これらのデバイスをシステム内に組み込むときに技術者が考慮しなければならない熱管理の懸念があります。最新世代のGaNおよびSiCのデバイスでは、熱設計が非常に重要になります。

詳細を見る

The 23rd European Conference on Power Electronics and Applications (EPC’21)

2021年9月6日 - 2021年9月11日
The 23rd European Conference on Power Electronics and Applications (EPC’21)
場所: オンライン

GaNベースの3相モーター駆動回路のデッドタイム管理 講演者:Fabio Mandrilea、伊トリノ工科大学のSalvatore Musumecia、Efficient Power ConversionのMarco Palma

この論文では、窒化ガリウム(GaN)FETベースの3相ブラシレスDCモーター駆動回路のデッドタイムの選択について説明します。GaNワイド・バンドギャップ(WBG)技術によって、シリコンMOSFETと比べて、スイッチング周波数を高くすることができます。インバータ用途では、インバータのレッグの相互導通を避けるために、スイッチング信号にデッドタイムを挿入する必要があります。デッドタイムの選択は、スイッチング時間とインバータ出力波形との品質の間の妥協点です。GaN FETは、数10 nsの範囲のデッドタイムで動作できます。この論文では、シリコンMOSFETと比べて、出力波形の歪みと速度リップルの観点からデッドタイムを短縮できるというGaN技術の利点を導入します。さらに、ハードウエア技術の削減と比べたデッドタイム補償技術の評価を調査し、GaN FETデバイスによって得られるソフトウエアとハードウエアの資源の効率性と節約が実証されています。

詳細を見る

Automotive Lidar 2021

2021年9月21日 - 2021年9月24日
Automotive Lidar 2021
場所: バーチャル・イベント

窒化ガリウムICが、Lidarシステム設計をいかに簡素化し改善するか 講演者:John Glaser、Ph.D.、アプリケーション部門ディレクタ

Lidarは、軍事、航空宇宙、ロボット、および気象の分野で60年以上使われています。今日では、自動運転を可能にする重要なセンサーの1つになることが期待されているため、関心が高まっています。これまでに、21億米ドル以上が調達され、85社以上が独自のアプローチで自動車品質のLidarセンサーを開発しています。この会議は、自動車用Lidarの技術とアプリケーションだけに焦点を当てた世界で唯一のイベントです。

詳細を見る

240th Electrochemical Society (ECS) Meeting

2021年10月14日
240th Electrochemical Society (ECS) Meeting
場所: 米国フロリダ州オーランド

GaNデバイスの動的オン抵抗RDS(on)を理解する 講演者:Alejandro Pozo、Robert Strittmatter、Shengke Zhang、Alex Lidow

このプレゼンテーションでは、EPCは、動的オン抵抗シフト(dRDS(on))を引き起こすeGaNデバイスの電荷トラップ現象に関する幅広い実験的および理論的知識を拡張します。

詳細を見る

2021 Symposium on High Power Semiconductor Materials (GaN & SiC) and Devices

2021年10月26日 22:30 - 23:30 (UTC-05:00) Eastern Time (US & Canada)
2021 Symposium on High Power Semiconductor Materials (GaN & SiC) and Devices
場所: オンライン

BLDCモーター駆動でGaN FETとICを使う利点 講演者:Michael de Rooij、Ph.D.、アプリケーション・エンジニアリング部門バイス・プレジデント

人気のブラシレスDC(BLDC)モーターは、ロボットやドローンでの用途が増えています。このような用途には、軽量、小型、低トルク・リップル、精密制御などの特別な要件があります。これらのニーズに対応するために、モーターに電力を供給するインバータは、より高い周波数で動作する必要がありますが、高周波コモン・モードと誘導電流に関連する過度の損失、EMI(電磁干渉)雑音の発生、および過度の機械的摩耗を防ぐために、フィルタを追加する必要があります。GaN FETとICは、大きな損失を生じることなく、ハード・スイッチング構成で、はるかに高い周波数で動作する能力を提供します。ここでは、高いスイッチング周波数が可能で、1相当たり最大15 ARMSの負荷電流を供給できる新しいモノリシックGaNハーフブリッジePower Stage ICを紹介します。この高周波によって、フィルタへの要件が軽減されるため、ロボットに必要な高精度の制御が保証されるだけでなく、可聴雑音も低減されるため、サイズと重さが削減されます。