イベント

International Conference on Environmental and Electrical Engineering (EEIC2022)

2022年6月28日 - 2022年7月1日
International Conference on Environmental and Electrical Engineering (EEIC2022)
場所: チェコのプラハ

LEDドライバ向けのGaNベース・パワー・コンバータのモデリングと実験的検証 講演者:Luigi Solimene博士課程の学生、イタリアのトリノ工科大学の非常勤教授

LED(発光ダイオード)ドライバの用途では、高いスイッチング周波数で動作する大電力レベルが要求されます。この機能は、DC-DCコンバータに窒化ガリウム・トランジスタ(eGaN FET)を採用することで実現できます。この論文では、高電流密度GaN FETを備えた同期バック(降圧型)・コンバータ(SBC)を調べ、モデル化して、高輝度LEDドライバを設計します。最初に、GaN FETモデルが示され、LTspiceシミュレーション・ソフトウエアに実装されます。次に、同期バックの動作を考慮して、実際のアプリケーションで、提案されたモデルを調べます。SBC構成のハーフブリッジ評価基板の実験波形とシミュレーション結果との比較を示し、このモデリング・アプローチを検証するために説明します。

詳細を見る

PowerUp Expo

2022年6月28日 9:30 - 10:00
PowerUp Expo
場所: バーチャル・イベント

1 kWを超えるモーター駆動用途の集積回路GaNインバータ 講演者:Marco Palma、モーター駆動システムとアプリケーション部門ディレクタ

窒化ガリウム技術の革新をリードするEPCは、2019年にePowerファミリーの最初の集積回路を発表しました。これらのデバイスは、「デジタル入力 – パワー出力」の概念に従って、コンバータとインバータの設計を単純化します。このプレゼンテーションでは、モーターを駆動するためにインバータ構成で接続した6個のEPC23101集積回路の実験結果を示します。EPC23101は、2021年に製品化されたePowerファミリーの1つです。リファレンス・デザインのEPC9173では、6個のEPC23101をゲート駆動機能が組み込まれたフローティング・スマート・スイッチとして構成し、デジタル・グラウンドをパワー・グラウンドから分離し、ソース・シャントを選択して、ローサイド・スイッチのモーター電流を測定できるようにしています。従来のMOSFETインバータとGaN ICのインバータEPC9173の主な違いは、GaNインバータが、より高いPWM周波数とより短いデッドタイムで動作することです。これによって、MOSFETインバータによって課せられる制限を超えて永久磁石モーターの利用を拡張することができ、より高いシステム効率が可能になります。

詳細を見る

EPC/Dianyuan.com Online Live Webinar

2022年6月30日 10:00 - 11:45
EPC/Dianyuan.com Online Live Webinar
場所: オンライン

3つの主な用途、DToF / IToF LIDAR、汎用入力USB PD3.1リファレンス・デザイン、BLDCモーター駆動の各用途における最新のGaNベースの革新 講演者:Chen Hu、Richard Zhu

dianyuan.comのライブ・ウエビナにご参加ください。GaNのエキスパートが、GaNベースの1)Lidar(光による検出と距離の測定)用途、2)USB PD3.1汎用入力電源、3)BLDCモーター駆動の各用途の最新の開発について説明します。技術的な質問にライブで回答し、ウエビナ後に話し合うことができます。私たちとつながるこのチャンスをお見逃しなく!

費用対効果の高い直接および間接の飛行時間ToF(Time-of-Flight)型Lidar送信器向けのGaNベースのソリューション

3次元イメージングには、2つのアプローチがあります:ロボット、衝突回避用ドローン、高精度の3次元検出、監視システム 、掃除機など、新たに出現した自律型用途の直接飛行時間(DToF)と間接飛行時間(IToF)の2つのLidarです。このウエビナでは、光による検出と距離の測定(Lidar)向けの非常に高速なToFレーザー・ドライバICが、サイズを縮小し、コストを削減し、より安全な自律性を実現する方法を示します。これらのレーザー・ドライバは、直接飛行時間(DToF)と間接飛行時間(IToF)の両方の3次元カメラに対して、高速、小型で、費用対効果の高いソリューションです。ワン・チップに集積されたデバイスは、電源システムの設計、レイアウト、組み立て時に扱いやすくなります。プリント回路基板のスペースを節約し、効率を高め、コストを削減します。

汎用入力USB PD3.1のリファレンス・デザイン(EPC9171)

新しいUSB PD3.1規格では、USB電圧が48 Vに高まり、電流制限5 Aのときの全電力は240 Wです。この用途向けに、リファレンス・デザインEPC9171を開発しました。これは、90〜265 VACの広い入力電圧範囲、出力電圧範囲15〜48 V、出力電圧リップル100 mV、最大出力電流5 A、スイッチング周波数350〜580 kHz、最大力率補正0.991を備えた240 Wの絶縁型電源モジュールです。このシステムには、アクティブ・ブリッジ整流器、2相インタリーブPFC、ハーフブリッジLCCが含まれています。すなわち、2次側同期整流、定電圧/定電流、補助電源向けの窒化ガリウム・デバイスによるフィードバック制御です。

BLDCモーター駆動へのGaNの利点

今日、DCブラシレス・モーターとしても知られる永久磁石モーターは、広く使われており、他のモーターと比べて、1立方インチ(1インチは2.54 cm)当たりのトルク能力と動力が高くなっています。これまで、シリコン・ベースのパワー・デバイスがインバータ・エレクトロニクスで支配的でしたが、今日、それらの性能は理論上の限界に近づいています。より高い電力密度の必要性が高まっています。窒化ガリウムのトランジスタとICは、これらのニーズを満たすための最良の属性を備えています。

今すぐ登録

IEEE Nuclear & Space Radiation Effects Conference

2022年7月18日 - 2022年7月22日
IEEE Nuclear & Space Radiation Effects Conference
場所: 米国ユタ州プロボ

最新のGaNオン・シリコンのパワー・トランジスタの耐放射線結果 講演者: Robert Strittmatter、B. Sun、S. Zhang、Max Zafrani、Alex Lidow

ブース606

2021年および2022年初頭に発売されたGaNオン・シリコンのパワー・トランジスタは、高い放射線耐性と低い動的オン抵抗になるように特別に設計されており、シングル・イベントと動的オン抵抗の改善を特徴としており、すべての前世代のGaNオン・シリコンのデバイスよりも優れていることを実証します。

EPC Space とのミーティングをスケジュールする

詳細を見る

ESSDERC – ESSCIRC 2022

2022年9月19日 - 2022年9月22日
ESSDERC – ESSCIRC 2022
場所: イタリアのミラノ

パワー・エレクトロニクス・コンバータにおける窒化ガリウム。モーター駆動、DC-DC、Lidar 講演者:Marco Palmaモーター駆動システムとアプリケーション部門ディレクタ

ディスクリートGaN FETや完全にGaN技術で作られた集積回路などのGaNデバイスは、さまざまなアプリケーションで広く採用されており、パワー・エレクトロニクス業界で広く認知されるようになってきました。このワークショップでは、GaN技術の基本を紹介し、基本的な知識を共有し、MOSFET技術との主な違いを説明します。ワークショップでの講演では、GaNのアプローチとそれに関連する利点が、DC-DCコンバータ、モーター、Lidar(光による検出と距離の測定)システムについて紹介されます。

詳細を見る

Automotive LIDAR 2022

2022年9月20日 - 2022年9月22日
Automotive LIDAR 2022
場所: オンライン

Automotive LIDAR 2022の第5回年次会議と展示会

LIDARは、軍事、航空宇宙、ロボット、気象の分野で60年以上にわたって使われています。今日では、自動運転を可能にする重要なセンサーの1つになることが期待されているため、関心が高まっています。これまでに56億米ドル以上が調達され、95社以上が独自のアプローチを使って自動車品質のLIDARセンサーを開発しています。この会議は、自動車のLIDARの技術とアプリケーションにのみ焦点を当てた世界で唯一のイベントです。

詳細を見る