EPC9126 LiDARデモ

100Vの大電流パルス・レーザー・ダイオード用ドライバのデモ・ボード

EPC9126 LiDAR Demo

開発基板EPC9126は主に、5 ns(ピークの10%)より狭い全パルス幅の大電流パルスでレーザー・ダイオードを駆動することを目的としています。この基板には、最大電流パルス75 Aが可能な最大デバイス電圧100 Vのエンハンスメント・モード(eGaN®)電界効果トランジスタ(FET)のEPC2016Cが同梱されています。この基板には、レーザー・ダイオードは含まれていません。ユーザーが調達してください。

EPC9126には、米テキサス・インスツルメンツ社のゲート・ドライバUCC27611によって駆動される接地基準のeGaN FETであるEPC2016Cが同梱されています。レーザー・ダイオードを取り付けるための複数のオプションがあり、放電コンデンサ(出荷時)または電源バスから直接駆動することができます。