GaNの話シリコンを粉砕するために捧げたブログ
2017年の私の予測

2017年の私の予測

11 11, 2016

重要なポイント

  • 無線充電は、自動車、家具、携帯電話、タブレット端末、小型ノート・パソコンに展開されたシステムに牽引され、2017年には現実のものとなるでしょう。
  • 拡張現実、そして自動運転車は、2017年を通して、ますます注目を集め、実際の製品は、10年後に大きな牽引力となるでしょう。LiDAR(光による検出と距離の測定)が、重要な実現技術として浮上してきています。
  • 現在、インターネットにアクセスできない40億人の人々は、空中のソリューションに期待しています。つまり、ドローンか? 気球か? 衛星か?
  • サーバーの性能への要求は、クラウド・コンピューティング、人工知能、および、ディープ・ラーニング(深層学習)への利用の増加によって牽引されています。新たなボトルネックが現れました:それは電力密度。
  • ムーアの法則の衰退は、半導体の世界における大規模なM&A(合併と買収)の触媒となっています。技術革新は、技術の進展に必要とされる資源を備えた少数のプレーヤーだけによって、のろのろと減速しています。
  • 窒化ガリウムがバトンを拾っており、半導体の広大な新市場を可能にしながら、私たちの生き方を変えています。

2016年1月、私は、そのとき、来る年のいくつかの予測をしました。無線充電、拡張現実、自動運転車、医療診断やインターネット・アクセスの進歩など、新しい市場に対する予測をしました。これらの市場における進歩は、すべての面で、予想よりも、時にはより速く、時にはより遅くなりました。そして、ここで、私たちは、まさに新しい年を迎えようとしており、おそらく、愚かなことに、私は、再び未来を予測しようと思います。

ワイヤレス・パワーが主流になる:完全な打ち明け話:私は、過去3年間、まったく同じこの予測をしました! 新しい製品やアプリケーションに後押しされた消費者の需要が高まること新しい製品やアプリケーションに後押しされた消費者の需要が高まることで、ワイヤレス・パワーは、引き続き牽引力を強め続けます。米ヒューレット・パッカード社米デル社台湾jjPlus社米WiTricity社などの企業が、AirFuel規格に基づいた製品を投入する意向を表明したり製品化したりしています。、Qi(チー)規格の展開は急速に広がり続けています。どちらの標準規格も、なんでも扱えるマルチモード送信器で橋渡しすることができます。米クアルコム社は、Snapdragon チップ・セットにAirFuel方式を搭載したことで、何億台もの携帯電話、タブレット端末、Chromebook(クロームブック)のコスト削減を可能にしました。トヨタ自動車や米GM社などの自動車メーカーは、乗用車のセンター・コンソール内に無線充電を導入しました。電気自動車の無線充電が標準化され、展開されています。スウェーデンのイケア社などの家具メーカーでは、無線充電器を机、ソファーの脇に置くエンドテーブル、ランプ、肘掛けに埋め込んでいます。導入率を阻害するのは、利便性の要素です。Qi規格の充電速度の遅さや、期待外れの原因となる送信器と受信器の間に必要とされる正確な配置に対する消費者の不満があり、利便性は、依然として大きな関心事です。AirFuel規格は、これらの問題が確実に改善され、複数の機器を同時に充電するために使われる卓上など、1つの大きな表面を利用可能にしますが、利用可能なAirFuel互換製品の数が少ないため、展開が遅れています。消費者が懸念している限り、誰もが電源コードを嫌っていても、ワイヤレス・パワーはすぐには広がりません! だから、もう一度、私は、2017年は、ワイヤレス・パワーが「到来する」年になると予測します。

Wireless Power Will Become Mainstream

拡張現実(AR)がセンター・ステージへ: テレビ・ゲーム、スポーツ放送、および、この他のクリエイティブ・コンテンツを通じて、仮想現実が人々のリビング・ルームに登場するとき、拡張現実は、リビング・ルームではないにしても、私たちの意識の中で予想よりもかなり早く動いています。ポケモンGOは、現実の環境と仮想世界とを混在させることによって得られる可能性を消費者に味合わせたウイルス性の拡張現実のヒット商品でした。宇宙飛行士は、国際宇宙ステーションで自己完結型ホログラフィック・コンピュータMicrosoft HoloLensを使いました。米Magic Leap社は、ヘッドマウントの網膜ディスプレイのベンチャー企業で、10億米ドル以上のベンチャー・キャピタルを集め、驚異的なARデモンストレーションで私たちを驚かせました。いくつか例を挙げると、拡張現実は、3D製品の設計、遠隔手術、教育訓練などの目的にますます利用されるようになるでしょう。仮想現実は、主にエンターテインメントに限定されていますが、拡張現実の利用事例は無限にあります。2017年、拡張現実製品が手頃な価格になることは、それ自身の現実になるでしょう。

自動運転車が進化します:これは、私たちの2016年の予測に、1年前に使った見出しと同じです。私は、これを正確に呼び出すために、私たちは追加のポイントを得ると思います! 自動運転車を可能にする技術は、驚異的なペースで進歩を遂げていますが、技術と規制の問題を解決しなければならないので、消費者主導の自動運転車の普及には、まだ数年はかかります。私たちは、シンガポールとピッツバーグにおける自動運転車の「ベータ・テスト(評価テスト)」を知っています。米グーグル社は、何100万マイルものうらやましい安全記録を蓄積し続けています。米フォード・モーター社、独フォルクスワーゲン・グループ、日産自動車、中国の百度(バイドゥ)社、独BMW社、韓国の現代自動車、トヨタ自動車、仏ルノー社、スウェーデンのボルボ社、米GM(ゼネラルモーターズ)社、独メルセデス・ベンツ社は、それぞれ自作の自動運転車でロード・テストを実施中です。私たちは、米テスラモーターズ社のクルマに搭載したオートパイロットのベータ・テストも見ました。この後者の展開は、2016年5月にオートパイロットを利用して少なくとも1人の運転手が死亡したために論争を招いています。リスクと見返りの間のバランスは、まだ見つかっておらず、テスラ社は、制御された条件下でさらに経験を積み重ねながら、システムを更新し、機能を制限しています。その間、駐車場、高速道路の走行、低速のストップ・アンド・ゴーなど、特定の運転状況の下で自動車の自律性はますます高まるでしょう。このようなすべての展開とベータ・テストから1つの星が見えてきました。LiDAR(光による検出と距離の測定)です。正確で素早くデジタル3D画像を生成するこの方法は、テスラ社を除いて、自動運転車を実験しているすべての主要自動車メーカーが利用しています。テスラ社のレーダーとカメラのユニークな組み合わせは番外であり、2016年5月の不幸の主な要因として挙げられました。

LiDARは、調査やナビゲーションの用途に向けたさまざまな無人航空機にも搭載されています。LiDARは、「現実」の正確な画像を素早く安価に生成する拡張現実システムで採用され始めています。

将来、自動運転車は、車車間通信を必要とし、搭乗者は、スマートフォン(スマホ)での通信とエンターテインメントの両方に多くの時間を費やすことが可能になります。そして、これは、無線帯域幅の拡大、5Gの実装スマホのバッテリー切れを防ぐための車内での無線充電への要求を牽引します。

発展途上国においてインターネットを利用可能にすることが、より大きな動きになります:地球上のほとんどの人々は、まだインターネットにアクセスできませんが、無線技術による利用範囲は、拡大し続けています。気球(グーグル社のプロジェクトLoonなど)、衛星(グーグル社と米スペースX社の協業など)、高高度のドローン(米フェイスブック社)は、今後の数年、数10年の間に発展途上の世界の多くにインターネットを提供する最も可能性の高いソリューションです。フェイスブック社はドローンを飛ばし、グーグル社は気球を上げ、衛星は、グーグル社と共同でスペースX社において開発中です。加えて、米AT&T社などの通信会社は、4Gのミニ基地局を搭載したドローンの配備を発表しました。これらのドローンは、地域のセル局が一時的に過負荷になるコンサートやスポーツ・イベントで、帯域幅を拡大します。これは、地球上で、人口密度は高いものの、インターネットへのアクセスしにくい地域に、このようなシステムを展開するための足がかりです。

改善された医療診断への注目がさらに高まります: ナノRNAやマイクロ・イメージングなどの新しい早期発見技術は、特定の種類のがんの早期発見に向けて大きな進展をもたらすでしょう。例えば、ピル(錠剤)の中に収めたX線装置の大腸内視鏡検査は、2017年に欧州で承認され、大腸がんの早期発見の障壁を取り除く鍵になるでしょう。米国での承認は現在、2018年に予定されており、

​​​​​​​

サーバーは、それ自体の電力密度によって制限されます:ここ数年間、サーバーの使用は、クラウド・コンピューティング、人工知能、ディープ・ラーニング(深層学習)へと広がっています。これら3つの傾向のすべてが、サーバー間通信要求の急速な増加を引き起こしました。「ビッグ・データ」をかみ砕く大規模な並列処理の利用の増加に対応するために、サーバー・ファーム内で実行される意思決定や計算をもっと高速に実行する必要があります。これらの膨大な計算は、医療、広告キャンペーン、自動運転車の制御アルゴリズム、および携帯型情報端末の最適な推奨を考え出すために必要です。今、表面化している新しい制限は、サーバー自体の密度です。計算と通信を高速化するために、各サーバー内の機能要素を、よりきちんと詰め込んで、サーバーを密接に統合する必要があります。サーバーが発熱すると、性能の向上を阻害します。サーバーのエネルギー効率を高めるためのボトルネックは、電気料金の節約から性能向上へと移行しています。OpenRackプロジェクトやOpenComputeプロジェクトはすべて、サーバー自体の内部での分配電圧を高めることによって、この主要な制限に対処しようとしています。これに加えて、電力変換システムにおいて窒化ガリウムなどの新しい材料に移行することで、全体の消費電力を20%削減し、サーバー密度を30〜40%向上させることができます。

ムーアの法則は、衰退し続けるでしょう:これは、昨年の私たちの予測と一貫しています。ムーアの法則 ―― この法則は、51年前に米インテル社の共同設立者であるゴードン・ムーア氏によって見つけられ、そして、衰退し続けています。 インテル社でさえ、この予測から、かなり遅れてインテル社でさえ、この予測から、かなり遅れてしまっています。2016年、技術系企業は、最終市場の成長の鈍化に直面しており、技術開発コストが増加し、これまでにない数の合併や買収の引き金となっています。2017年には、買収による成長、または「黄金の出口」を模索している半導体企業の役員によって、企業統合が引き続き起こるでしょう。これらの動きは、イノベーションへの動機づけを減退させることになり、そして、業界にとって大きな懸念となるはずです。

GaNは、進歩の力になり続けます:上記のアプリケーションを含む技術の進歩を促進する能力には、速度、電圧、帯域幅。効率、そして言うまでもなく、有意義な小型化を大幅に向上させることが必要です。シリコンが、その性能限界に達し、他の新参者が、大幅な性能向上を実現し、主要な市場で急激にコストを削減し、数多くの新しいアプリケーションを生み出しています。パワー・シリコンの製造業者がこの技術の重要性を軽視いている間に、独立系のGaN企業が牽引するでしょう。

Total: 0 Comment(s)