GaNの話シリコンを粉砕するために捧げたブログ
2019年、GaNはどこに向かっているのか・・・

2019年、GaNはどこに向かっているのか・・・

1 07, 2019

新年が始まって、2018年の成功を見直し、2019年の期待を見据えるために数分を費やす価値はあります。

過去1年間で、GaNの優れた特性を利用するアプリケーションは広まり続け、GaNユーザーの知識ベースは拡大し続けました。この世界では、GaNが可能にする自動運転車の運用が始まっています。デジタル通信は、高速で省エネの包絡線追跡電源へのGaN FETとICの採用によって大幅に改善されています。無線の世界の夢は、広い表面積のワイヤレス・パワーの出現によって現実味を帯びてきました。

EPCのチップスケール・パッケージ封止のFETとIC

GaN技術は、2018年に進化し続け、EPCの最新世代のFETと新しい集積回路は、シリコン・ベースの製品とのコスト競争力を持つと同時に、優れた特性が得られるようになりました。この優れた特性と競争力のある価格設定の相乗効果によって、従来の保守的な設計技術者が、DC-DCコンバータ、AC-DCコンバータ、自動車などのアプリケーションでGaN製品を使い始めるきっかけになりました。例えば、2018年には、絶縁型と非絶縁型の両方の新しい48 V入力の DC-DC電源への動きの中で、ハイエンド・コンピューティングや自動車のアプリケーションにおいて100 Vの第5世代eGaN FETが採用されました。

2019年の今年は、第1四半期以降、継続的に100 V、200 V、350 Vのファミリーを拡大していくことから始まります。さらに、最小30 Vまでの新製品を開発中であり、2019年前半にもその製品化が始まります。自動車市場で使われている品質基準AEC認定の製品ラインも、Lidar(光による検出と距離の測定)、パワー・トレイン、およびモーター制御向けに年間を通して製品化し続けることで拡張し続ける予定です。

GaNが電力変換システムの特性に影響を与える最大のチャンスは、電力レベルと信号レベルの両方のデバイスを同じ基板上に集積できるという本質的な能力から来ています。EPCは、過去数年間、顧客専用のGaN ICを開発してきました。2019年には、より複雑なモノリシックGaNソリューションを一般向けに製品化し、これは、シリコン・ソリューションの能力を超えた回路内特性が得られるので、パワー・システムの技術者にとって設計の単純化を加速することになるでしょう。さらなる情報をお楽しみに!

GaN Power IC
図1:GaNパワーIC

2019年前半、EPCは、今後開催されるいくつかの展示会に参加し、現実のアプリケーションにGaNを使う多くの機会を示します。当社のエキサイティングなGaN製品をあなたと共有したいと思います。あなたが、これらのショーのいずれかに参加しミィーティングを設定したいなら、私たちにご連絡ください

EPC at CES 2019

1月::

米国ラスベガスで開催されるCESでは、「電源コードのない世界」を紹介し、自動運転車用Llidarセンサーの将来について議論し、GaNがD級オーディオ・システムに提供する音質を試聴してください。

EPC at GaN Con 2019

2月::

米国ミルピタスで初めて開催されるGaN Conで、設計者、メーカー、そして、エンド・ユーザーなどパワーGaNのリーダーたちが、GaN市場、技術の現状、そして将来の進化について議論します。

EPC at APEC 2019

3月::

APEC (Applied Power Electronics Conference)は、米国の南カリフォルニアで3月中旬に開催されます。EPCは、複数の論文を発表し、教育セミナーの1つに参加することを光栄に思います。展示会場のEPCブースでは、GaNが48 Vアプリケーションでどのようにシリコンを置き換え続けるかを示す予定です。

2019年はGaNにとって極めて重要な年となるでしょう。GaNオン・シリコンの性能とコストの利点によって、現在、シリコンMOSFETを使っている大部分の用途で、より小型、より高速、より安価、より高信頼性のGaN技術に切り替わるでしょう。当社のGaN技術に対するさらなる革新とEPCのGaNソリューションのさらなる普及の年であり、それによって、ユーザーは最高クラスの最終用途製品を開発することができます。

EPCに登録して、年間を通じて新製品開発に関する最新情報を入手してください。

EPCチームの2019年の成功と繁栄をお祈り申し上げます!

Tags: CESeGaNGaN
Total: 0 Comment(s)